営農規模拡大

営農規模を拡大したい方必見!

高齢者世帯のみならず、意欲的に規模拡大を進める農家様にも「鉄コ」は支持されています。

1.人手・人件費の低コスト化

人手不足や人件費が障害になりません。望むように営農規模を広げることができます。

2.資材費の低コスト化

図のように1ha 当たりの資材費が格段に違います。
移植栽培と比べて21,340 円もコストダウン!

資材費の比較(面積1ha当たりの金額)

3.計画的に作業ができる

農作業のピークを分散できます。また、移植栽培より5〜10 日収穫期が遅れるので機械や施設を効率的に利用可能。移植と併用したり、複合営農を導入することでさらなる規模拡大が図れます。

移植・直播組み合わせにより作期分散の例 直播による労働時間の軽減と収穫作業の分散

コラム2 気になる収量と品質は?

コシヒカリBL(従来コシヒカリ含む)とこしいぶきで収量の違いを調査したところ、わずか33kg しかありませんでした。

県内平均収量(10a当たり)

品質は向上する傾向にあり、一等米の比率平均は
・こしいぶき 100%
・コシヒカリ(鉄コ)90%
・コシヒカリ(移植)58% となっています。
(※H24 年度産米)

もっと詳しく知りたい、小規模から試したい農家様へ
コーティング作業や播種作業など、お気軽にご相談下さい。
まずは個別説明会へお申し込みください。
※対応エリア:新潟県内

鉄コ個別説明会へ申し込む

活農プロジェクト

大豆300A

鉄コーティング湛水直播

eプロジェクト

「活農プロジェクト」とは